犬 しつけ 犬種別

MENU

犬のしつけも犬種別に特徴があるもの

優等生の代表格としてラブラドール。
あれこれ学んで、しつけ法如何で、相当の潜在能力を導くこともできる、大変優秀なペットだとみられています。
通常では、規則に従う遊び事は、ラブラドールをしつけるのに最適かもしれません。
ラブラドールと飼い主が共に積極的に、大変多くのことを学べるはずです。

 

 

怒らずにしつえしたいと思っているからと、なだめるがためにラブラドール犬を抱いたり、撫でてみてはだめです。犬は「飛びつきをしたら遊んでくれる」と誤認してしまうのです。
ふつう、柴犬は利口で、そして我慢強い犬と言って良いでしょう。トイレをしつけるようなときもすぐに覚えるのはもちろん、習得してしまえば、ふつうは世話を焼かされることはないかもしれません。
子犬時代に、きちんと甘噛みすることは許されないというしつけを受けなかった犬たちは、大人になっても何かきっかけがあると強くはなくても飼い主などを噛む行為をし始めることもあります。

 

 

また、ポメラニアンも利口な犬なので、子犬としてしつけをするのが良いでしょう。
できることなら基本のしつけは、半年以内に終わらせるといいでしょう。

 

 

いつだって飼い主さんが上位置という関係を理解させるため、散歩中は、基本的に犬が飼い主を見て散歩するようにしつけをしていくことが大事です。

 

 

次に日本の犬といえば、柴犬。
基本特性としては、無駄吠えのような行為をしがちなタイプと言われています。
ですから、無駄吠えのしつけの際は「手間暇かかる可能性だってある」と思ったほうが着実です。また、柴犬のしつけの問題に挙げられるのが噛み癖ですね。大人になってからでも矯正できるものの、なるべく子犬の状況からしつけを終わらせるというのに勝ることはないと考えます。

 

 

一方、頭が良いことで知られるトイプードルに関しては、飼育の苦労話は目だってないようです。
トイレだけでなく、他のしつけも、簡単に習得してしまうと想像します。
トイレだけでなく、噛み癖の矯正など、子犬にとにかく着実にしつけを継続して困った成犬にならないよう、オーナーの方たちが犬たちをしつけてください。

 

 

その他しつけが必要とされるのは、飛びつきのようです。
優秀なラブラドールが遊び気分で、人に飛びついてしまい、なんとなく噛みつくなどして、ひどいけがをさせてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

 

日々、欲求を叶えてやっているけれど、王様気分で主人の注目を誘いたくて、無駄吠えをする犬が多いというのは事実らしいです。
必要最低限のしつけが行われていないと、散歩をする時も落ちているものを食べたり行き交う犬に吠えたり、トラブル行為が多々あります。その原因は、上下関係が誤ってしまっているからだと思います。

 

 

みなさんが吠える犬のしつけを行おうというのであれば、原因そのものを分けるようにして考えるべきです。
それに加えて、犬の吠える理由を解決することと実際の訓練をしっかりとやってみてください。